『赤』の形容詞。



他には何があるかしら?



情熱とは名ばかりの、



甘酸っぱい初恋系(笑)


情熱のクランベリーポーク。

レシピブログさんの
モニター企画で、
ドライクランベリーを頂戴しマシタ

こんな、
真っ赤なソースのポークソテーは
いかがかしら??
クランベリー&アメリカンポークとダブルで参加愛デアレシピコンテスト参加中♪! 

今日のお肉は↓コチラ。
P7135618ccb.jpg アメリカンポーク・ヒレブロック。

◆材料
アメリカンポーク・ヒレ塊            400~500g
塩コショウ                   適宜
コーンスターチ(または小麦粉)         適宜
オリーブオイル                 大さじ2~3
○ソース
ドライクランベリー               25g
水                       大さじ2
赤ワイン                    大さじ1
はちみつ                    大さじ3
ワインビネガー(または酢)           大さじ3
水                       大さじ2     

飾りピンクペッパー               あれば
付け合わせ                   お好みで 

◆作り方
1.ドライクランベリーは大さじ2の水であらかじめふやかしておく(30分から半日)
2.アメリカンポークヒレは3センチくらいの厚めのそぎ切りにし、
  ラップで挟んで肉たたきやすりこぎで叩き、1.5センチくらいの厚さにする。
3.塩コショウをする。塩はしっかり目にふっておく。コーンスターチ(または小麦粉)を
  つけ、オリーブオイルを熱したフライパンで焼く。初めは中火、途中から弱火で
  こんがりと焼く。焼きあがったら皿にとっておく。
  付け合わせの野菜はここで軽く塩をしてソテーしておくとよい。
4.3のフライパンに1のクランベリーと赤ワイン他の調味料すべてを入れ弱火で
  5分~少しとろみが出るまで煮詰める。
5.3のソテーに4のソースをかけ、あればピンクペッパーを飾ってデキアガリ。


ヒレは
脂がなくさっぱりしているので
少しオイル多めで
カリッと焼いて。
塩味はお肉にだけ。
ソースは甘くて酸っぱいの
だから、
お肉の塩はしっかりと
                 ハマってる(笑)ほ助ちゃんの「縦割りオクラ」添え
     クランベリーも柔らかく P8096884cb.jpg
                         
クランベリーをお水で戻すのは
ソースとのなじみがいいから。
しっとりしたクランベリーソースは
アメリカンポークのソテーと
ピッタリ 

もちろんお肉は、
ロースでもオイシイ

いかがかしらん



土曜日、
東京行きの新幹線の中。

通路を挟んだ席に
途中から男子が乗ってきたの。

スゴイ香水のむせかえる香り(笑)
小麦色の彼は
短パン・キャップ・ブランドもののトートバッグ。
なかやまきんにくんを
ちょっと男前にしたような(笑)
レイザーラモンHGさんのような(笑)

アタシ、
ヒマだったもんで、
ちょっと横目で観察・・・・(笑)

座るなり、彼、
デッカイヤキソバとデッカイ海苔弁を
食べ始めマシタ。
すると、
お弁当を食べながらVA○Mをグビグビ!
VA○M、
マラソンの高橋尚子さんがCMしてた
あのスポーツ飲料!
VA○Mはおいしいけれど・・・・
今にも走りだしそうな
彼のそのイキオイに圧倒(笑)

ダブル炭水化物にVA○Mかあ・・・(笑)
ジムの帰りだったのかしら・・・。


やっぱ、
お弁当には
お茶よね・・・・(笑)



           P8096871cbb.jpg
            コーラとご飯は、結構、平気(笑)



※ツタナイ食堂blogですが、2つのランキングに参加してオリマス。
 順位は上がったり下がったり下がったり下がったり・・・・・(笑)

 
 応援してやるかあ~と思ってくださったら
 ぽちっ!ぽちっ!と2つ、クリックしてクダサイマセ
ぺこり


      
     クリック           クリック        

   人気ブログ3



アリガトウゴザイマシタまたのお越しを~