華が、ない。




地味な色の
地味な惣菜。




ウチの家族は
こんな料理が大好き。

P2177095cbp.jpg
白滝の真鱈子煮。


お惣菜屋さんごっこ。
今日は
卯の花と
白滝の真鱈子煮。

地味です、が、
               落ち着く・・・。P2177115cbb.jpg

こういう惣菜が
大好き。

沢山作って
冷蔵庫に入れておくと
献立作りのときも
心に余裕が持てるって
もんです。

ただし、
卯の花も白滝も
意外とアシが早いので
お気をつけて。

白滝は
鍋でじっくり乾煎りします。
この乾煎りこそが
この料理の全てです(笑)。

その後、
真鱈子と酒・みりん・
白だしと醤油少しを入れて
水分を飛ばしながら
煮含めました。

P2177101cbb.jpg 卯の花。

ウチでは
「おから」と呼びますが、
ちょっと上品ぶってみました。

豚ひき肉・竹輪・人参・
牛蒡・白滝・干し椎茸・長葱・・・
その時あるものを
刻んで入れます。

ごぼう大好き。
どんな具材の組み合わせでもいいですが
アタシ的には、
牛蒡と長葱は
欠かせません。

酒・みりん・白だし・醤油、
調味料は、
同じですね(笑)。

ちなみに白だしは、
長年、コチラ 
愛用しています。

スーパーにいつも
置いてあるものだからこそ
普段使いに欠かせません。

白だしは
今ではメジャーな調味料の
ひとつですが、
鰹の風味が強いと
アタシにとっては
汎用性が狭く感じます。

鰹の風味が欲しい時は
追い鰹します。

だしを取らない
アタシのズボラ料理に、
白だしは欠かせません。

    P2177123cbbp.jpg

昔ながらの
おばあちゃん料理。

小学生の子供たちも
大喜びで、食べます。
                   ※2つのランキングに参加しています。
           (バナーをクリックして頂くと、この食堂のランキングが上がる仕組みです。)
                      
                ぽちっと2つ応援して頂けると、もの凄く嬉しいです♪



                   ★いつも応援ありがとうございます



出汁。
取ることももちろん
ありますよ。

だし昆布・いりこ・
圧削り・鰹節・あご・・・
取り揃えてます。

きちんと出汁をとった
料理はおいしいものです。
それぞれの料理に合った
個性のある出汁があります。

けれどやっぱり、
面倒に思うことは
ごく普通の主婦ならば、
誰しもあるのはず。

そんなときアタシは、
白だしなどを使います。

こういう地味なお惣菜は
材料費が安くて
美味しい代わり、

たくさんの材料を刻んだり、
乾物戻したり、
ゆっくり煮たり、
面倒な工程もたくさん。

だから、
ちょっとだけ手間を省くのも
悪くはないんじゃないかな・・・、
と、自己肯定。


ちなみに
麺つゆは、
みりんなども含まれているので
アタシはあまり買いません。

出汁醤油的な
白だしがあれば、
料理によって甘味を足して、
いかようにも使えます。

便利調味料も
なるべくシンプルなほうが
アレンジが効きます。
だから白だしも昆布ベースを
選びます。

白だし。
上等な高級品もありますが
家庭料理には
手に入りやすく安価なほうが
何かと、助かる。


便利なものを
上手に使ってね。

楽しく作ったほうが
おいしくできるはず。



※連載コーナーさせて頂いています、
 オレンジページCOOKING。
「キッチングッズレポート」連載中。
 内容充実の 最新刊2月1日発売、
 「野菜レシピ」はこちらから↓
 
 amazonさんにじゃんぷ。

※バックナンバーはサイドバーから♪

  
                 P2177127cbbp.jpg
                      主婦の味方、常備菜。


                   ※2つのランキングに参加しています。
                   現在、なんとなくがんばっているので
                     応援して頂けると、嬉しいです。



                   ★いつも応援ありがとうございます



※食堂のご感想、他、
 ご依頼等はPC版サイドバー上部にある
 メールフォームからお願い致します。