親は全部わかってる、
なんて思ったら、




大間違い。




思えば思うほど、はまっていく・・・。

P8078500cbp.jpg
鯖のソテーと完熟トマトの軽い煮込み。



揚げてばっかりも
なんだし、
この暑いのに
鯖味噌ってのも気分じゃないし。

完熟トマトで
ちょっと、夏。
              さばだばさばだば。P8078508cbbp.jpg

11PMは
観ていませんが
鯖を見ると
どうしても頭を駆け巡る。

さばだばさばだば。

完熟トマトは皮を剥いて種を取り、
にんにくのみじん切りと一緒に
オリーブオイルで炒め、塩胡椒。
隠し味には日本人の誇り、減塩醤油。

鯖を3枚に卸し、
一口大に切って塩胡椒、
ごく薄く薄力粉をつけて
オリーブオイルでカリッと焼く。

トマトソースを加えて
さっと煮たて、
みじん切りにしたバジルを
ぱさっと。

P8078525cbbp.jpg さらにバジル添え。

比較的鯖の苦手な方も
なんとなく食べられちゃったり
しちゃうんじゃないか。

鯖好きの
勝手な妄想。

     P8078532cbbp.jpg

お子たちにも
大好評の鯖料理。

「超うま~」

いただきました。

                   ※2つのランキングに参加しています。
           (バナーをクリックして頂くと、この食堂のランキングが上がる仕組みです。)
                      
                ぽちっと2つ応援して頂けると、もの凄く嬉しいです♪



                   ★いつも応援ありがとうございます


読書感想文が結構得意な、
今思えば、
ちょっとやな感じの
子供でした。

そんなアタシ、
只今、
子供の夏休みの宿題の
感想文の指導中。

それが、
かなり苦戦中、頭が痛い。

読書感想云々以前に、
文そのものがまずは
全く成立していない。

「私は」で始まっておきながら、
述語の主語が
別のものにすり替わっていたりするからね、
あ、4年生です(笑)。
何から教えたらよいのやら・・・。

主語と述語の関係から
懇切丁寧にご指導。
感想文ってのはね、
と、懇々とご説明。


母が送ってくれた、
アタシが小学生だった時の
作文のファイル。

なんとも汚い字で、
でも、すでに、
今のアタシを彷彿とさせる、
稚拙なくせに技巧的な
文章が(笑)。

何十年経っても、
本質みたいなところは変わるもんじゃない、
→成長もしていない。


何度か書いているうちに
1号が持ってきた下書きが
突如、激変。

抒情豊かに、
語り口調も滑らかで、
とてもいい文章を書いて
持ってきました。

教えていないことまで
自分で気づいてくれたのか、
自分の言葉で
素敵に綴られていました。

主語と述語が
とっ散らかってた
さっきまでの文章とは
いきなり別人。


この子って・・・・(笑)。


                 P8078537cbbp.jpg
                       ブラックホール娘。      


                   ※2つのランキングに参加しています。
                     応援して頂けると、嬉しいです。



                   ★いつも応援ありがとうございます



※食堂のご感想、他、
 ご依頼等はPC版サイドバー上部にある
 メールフォームからお願い致します。