岩手県。




じぇじぇじぇのあまちゃん、
だけじゃない。




たくさん、いいとこ、
ありました。

P9291430cbp.jpg
ひっつみ入り豚汁。



ひっつみ。

すいとんです。
岩手県あたりじゃ
こう呼ばれているようです。
                豚汁にin。P9291449cbbp.jpg

粉ものが大好きなアタシには
たまらん食べ物のひとつです。

ひっつみは元来、
粉をちぎっては汁の中に放り込み、
粉が溶けてどろどろの汁が
おいしいもの、なのですが、

豚汁は
翌日も食べるかもしれません。

なので、
すいとんは別鍋で茹でてから
合わせています。

P9291473cbbp.jpg ぺろーん。

汁はさらっとしたままなので
ちょっとお上品な感じ、
でしょうか。

アタシが言うと、
嘘くさいです、ごめんなさい。

    P9291402cbbp.jpg

結局、
豚汁は一滴も
残りませんでした。

残念。

                   ※2つのランキングに参加しています。
           (バナーをクリックして頂くと、この食堂のランキングが上がる仕組みです。)
                      
                ぽちっと2つ応援して頂けると、もの凄く嬉しいです♪



                   ★いつも応援ありがとうございます

週末の小旅行。

    PA051902cp_20131007205226c78.jpg


 小岩井乳業 幸せレシピコンテスト
グランプリを頂き、
その副賞である「小岩井農場ツアー」に
行ってまいりました。

レシピブログご担当のA☆Tさん、
小岩井乳業さまに、
とんでもないご無理を申し上げ、
子供も実費で同行させて頂きました。

一泊二日、
満載過ぎるスケジュールと、
身に余るVIP待遇。

超濃密な時間を
家族と過ごさせて頂きました。

全てを語ると長すぎるので、
今日のところは、
印象深かったことのひとつを。

小岩井農場の施設。
東京ドーム650個ほどもある敷地に
点在する数々の歴史的建造物。
明治・大正・昭和と、
使い続けられる牛舎、
かつて、ひとつの街としても栄えた、
小岩井農場の数々の片鱗を
伺い知ることができます。

トタンに張り替えられた
赤や緑の屋根がたまらなく愛らしい。
アタシの心を鷲掴み。
                
農場内をめぐるバスツアーでは
何も育たないと言われた原野に木を植え育て、
森を作った開拓者たちの努力や、
家畜の糞尿からバイオエネルギーを作る施設など、
いろんなことを学べてしまいました。

観光地とは思えない
おいしいお料理のレストランでは
小岩井の卵を使った贅沢なオムライスランチ、
夜は牛肉・羊肉・チーズの豪華なディナー、
翌日はおいしいジンギスカンランチ。
おなかいっぱい(笑)。

大人も、子供も、
たくさん楽しめます。

多過ぎるので
ダイジェストで(笑)。
    
    koiwai2bpp.jpg

終始付き添ってくださった、
とっても親切な畑中さまをはじめ、
レストランのナイスキャラな齊藤さま、
工場を案内して下さった素敵女史佐々木さま、
ほか、たくさんのみなさま、
心から、感謝感謝です。

きっとまた、
このコンテストが開催されるんじゃ
ないかなと思います。

このツアー、おすすめです。

みなさまも
グランプリを狙って
ぜひチャレンジしてみては
いかがでしょうか。

この話、
ここでは終わりそうもないので
後日また書かせてくださいね。

 
                 P9291460cbbp.jpg
                     岩手の魅力、じぇじぇじぇ。


                   ※2つのランキングに参加しています。
                     応援して頂けると、嬉しいです。



                   ★いつも応援ありがとうございます



※食堂のご感想、他、
 ご依頼等はPC版サイドバー上部にある
 メールフォームからお願い致します。